circaのインコ日記ヽ(^。^)ノ

小鳥たちと暮らす飼い主のインコブログ

命に関わる酷暑対策~インコ編(我が家の場合)

家を一歩出た途端に、まるでサウナの中を歩いているような息苦しさを感じる夏。あ、あづい゛!あっぢー!外出の度に、内心はいつもこんなです。

 

今年は例年以上に暑い、というよりも、毎年訪れるこの異常な暑さに対してメディアがようやく「命に関わる暑さ」という枕詞を、天気予報の度にくっつけてくれるようになった、という実感です。数年前に、命に関わる熱中症で緊急搬送された身には、実感を通り越したリアルを感じます。ありがたいことじゃないですが(笑

 

明け方でも27Cは下らない都心の夏。エアコンは24時間つけっ放しは勿論のこと、我が家のインコ達にも室内温度を下げるだけではなく、体内から涼しくなって欲しいとの願いから、今年は安上りではありますが、インコの暑さ対策を始めました。

 

ずばり、「きゅうり」です。

「きゅうりビズ」なんて言葉もこの前ネットで見たけれど、きゅうりは確かに水分も多いし、食べると体が冷えますよね。この夏は3日と空けずに、インコ達におやつにきゅうりを与えています。去年まできゅうりには目もくれなかった小鳥達が今年は、食らいつくように食べています。そして夕方になる頃にはほぼ完食している子も多いです。

 

ご存知の通り、体にいいから食べて欲しいと思っても、インコは食べ物の好みがはっきりしているので、食べない時は全く食べません(例えばペレットとか)。でも今年はうちの子達は、きゅうりを自発的にバリバリ食べるんです。嬉しい反面、「これを食べると体が涼しくなるでし」と、小鳥達が気付いて食べているような気もして、不憫に思えたりもしますが、とにかく結果オーライです。多頭飼いの我が家では、小鳥達に白桃をお腹いっぱい食べさせてあげるような贅沢はさせてあげられないのですが、今は早朝に近所の農家さんへ散歩がてら出掛けていって、その日採れたきゅうりを安く分けて貰ってきています。これを書いている今(朝です)も、小鳥達は隣の部屋でボリボリ言いながらきゅうりを食べています(笑

f:id:circax:20180720073126j:plain

みなみは好き嫌いなく何でも食べてくれる子なのでいいのですが

f:id:circax:20180720084120j:plain

割と好き嫌いのある四葉がきゅうりに振り向いてくれるまでには、少し時間がかかりました。

f:id:circax:20180720084203j:plain

好き嫌いの全くないゴンちゃんが、四葉の隣で美味しそうにきゅうりを食べているのを見ていて、四葉も真似してくれたみたいです。今ではセネガルも二人並んで、美味しそうな音を立てながら食べてます^-^

f:id:circax:20180720084340j:plain

この暑さのせいで、放鳥も早朝か日暮れ間近のどちらかに限定している今夏。クーラーの効いた部屋で飛び回っていても、小鳥達の体温は急上昇してしまうみたいで、日中に遊ばせるとみんなすぐにバテてしまうからです。

f:id:circax:20180720084620j:plain

盲目の大ちゃんも、感覚を頼りに水槽の中を歩いて行って、好物のりんごばかり食べています。こんなに厳しい暑さの中でも、食が細ることもなく、元気に過ごしています。最年長ボタン、大ちゃん15歳。えらい、偉いよ💛

 

きゅうりに次いで、次回はスイカをあげてみようと思っています。スイカも食べない子が多いのですが、今年はもしかしたら食いついてくれるかも知れません。なんて淡い期待を抱いている飼い主です。

 

酷暑に辟易しているのは、人間だけじゃないですね。